アフガニスタンの2人ふたりがパラリンピックにることになった

Article header image
IPCは、アフガニスタンの選手せんしゅが8がつ28にち日本にっぽんて、東京とうきょうパラリンピックに参加さんかするといました。陸上りくじょう男子だんしのフセイン・ラスリ選手せんしゅと、テコンドー女子じょしのザキア・フダダディ選手せんしゅ2人ふたりです。 アフガニスタンでは8がつに、政府せいふがなくなってタリバンが支配しはいするようになりました。アフガニスタンのパラリンピック委員会いいんかい2人ふたり選手せんしゅ大会たいかい参加さんかできないとっていました。 IPCによると、2人ふたりはアフガニスタンをてフランスに1週間しゅうかんいて、日本にっぽんました。 IPCのパーソンズ会長かいちょうは「2人ふたり大会たいかい参加さんかできるかもしれないとおもっていたので、開会かいかいしきではアフガニスタンのはた紹介しょうかいしました。希望きぼうてないで、世界せかい平和へいわにするスポーツのちからせることができました」とはなしました。
Read this article in the app